Flow

施工の流れ

洗浄・養生・クラック処理なども
細やかに実施

お客様のご要望に合わせた施工とハイグレードな仕上がりを実現するために、一つひとつの作業にこだわりを持って取り組みます。建物の状態に合わせて下準備から手早く丁寧に実施いたします。そして塗装作業も下塗り・中塗り・上塗りをしっかりと行い、綺麗に仕上げてまいります。

外壁塗装施工の流れ

仮設足場

外壁塗装工事で品質を左右する大きな要素の一つに『足場』があります。品質の高い施工を行うにはしっかりとした足場で職人の手元足元を安定させることが重要です。
また、職人の安全や近隣様の安全、足場を覆うように飛散防止用のネットを張り、塗料が近隣の建物へ付かないように配慮致します。

高圧洗浄

高圧洗浄で外壁についた汚れ、藻、苔、古い塗料、チョーキングの粉などを洗い落します。壁の不純物を取り除く事で塗料が壁に密着しやすくなります。どんなに良い塗料を使っても、きちんと高圧洗浄で汚れが落ちていない外壁では塗料本来の機能を生かすことはできません。

養生作業

覆って保護する作業です。この養生作業は非常に手間がかかる作業ですが、この養生をしっかり行うことによって、塗装の仕上がりに差が生じるとても重要な作業です。

クラック処理

外壁のヒビ割れに専用シーリングを充填し、下塗り前に処理します。0.3ミリ以上のヒビは構造クラックと言い、表面的な割れだけではなく構造にも影響があるヒビなのでしっかりと充填します。

下塗り

下塗りは下地と上塗りの塗料を密着させる接着剤のような役割を持ちます。お化粧で例えると下地クリームを塗るのと似ています。この下塗り作業が不完全だと、塗料の剥がれなどのトラブルの原因になります。

中塗り

塗料の本来の機能を発揮し、長持ちさせるには塗料メーカー基準の塗布量(厚さ)で塗る必要があります。その塗膜の厚みを確保する為に、まず中塗りを行います。

上塗り

塗料に十分な厚みを持たせる為、最後に仕上げとして上塗りを行います。

対応エリア

広島県
福山県・尾道市・その他


岡山県
倉敷市・その他


※ 詳しくはお問い合わせください